必要なスキル

ホームページ作成にどうしても必要なスキル

ホームページ作成にはどうしても必要なスキルがあります。そのためには、ホームページ作成までの大まかな流れを知る必要があります。ホームページはパソコンやスマートフォン等で見る限りは写真や文字、イラストなどの要素を並べてできています。しかし、実際はWeb上で用いられるプログラム言語で書かれており、その言語を習得する必要があります。次に、サイトを公開するためにはサーバーを借り,ドメインを取得して初めて使えるようになります。プログラム言語で書かれたホームページのコードをドメインが取得されたサーバーにアップして、初めて自分のサイトを持つことができます。ホームページ作成のスキルとは、そこまでの一連の流れを知り、技術を習得することです。ホームページのコードは特定のプログラム言語で書かれています。

その言語とは、HTML,CSS, JavaScript,PHP等です。この中で最も重要なのがHTMLです。HTMLとは、HyperText Markup Languageすなわち“ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ”の略語です。元々のWebページはHTMLで書かれていました。この中に、ページの載せるテキストや画像の場所などをすべて記載します。HTMLは初期に作られた一定のルールがあり、そのルールに基づいて記載しなければなりません。一般的にはHTMLの作成はプログラミングとは言わずにコーディングと言います。一定のルールに従って、表示する文字等を記載していくからです。ホームページはHTMLだけでは書いた順番に要素が並んでいるに過ぎません。ホームページのレイアウトをする作業をCSSと言うプログラム言語により指定します。

CSSはHTMLを補完する意味を持ち、中身をHTML、見た目をCSSが受け持ち、この二つの言語で最低限のホームページを作ることができます。JavaScriptは静的な画面に動きを与えます。スクロールに一定の時間をかけてゆっくりさせたりする機能をJavaScriptが受け持ちます。JavaScriptは単独の言語としても用いられ、アプリの開発等にも使われます。

単独のホームページ作成はこの3つの言語を習得すればできますが、さらに、Webによるサービスを行う場合はPHPが必要になります。PHPにより、お問い合わせフォームなどの、外部とつながったサービスが可能となります。ホームページのコードが完成したら、サーバーをレンタルし、ドメインを取得しなければなりません。日本にはすでに多くのレンタルサーバーが民間企業により用意されており、大きな容量のものから小さな契約が可能なものまで、或は、サポートの少ないものや、ホームページ用のコードをアップする解説がされているものまでさまざまあります。自分に適したものを選ぶことで、念願のホームページを公開することができます。”

最近の投稿

Copyright© 2016 ホームページ作成を誰かに頼もうとしているそこあなた! All Rights Reserved.